FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

オクジョウ日記 第6話

 【07//2017】

河川敷を、並んで歩き、家へと帰る。丁度陽が落ちる方向へ、まっすぐと歩く。散歩する老人と、スマホを片手に電話をしている親子連れ。似たような歩幅は、誰一人としていなかった。真っ黒に焦げたビルに、うっすらと灯が付いていく。静かに夜が来る。二人は、そんな毎日に従うように過ごしていた。


「飛行機飛んでる」


利理の指さす方向に、小さな影が高く上空を飛んでいた。そんなどうでもいいことでさえ、二人にとっては日常の変化の一つであった。


「旅行行きたいな。電車でもいいし、飛行機使って遠くにも行きたい。外国は無理だけど、夏になったら北海道に行きたいな」

「夏でも寒いからあそこ」

「ふわふわの上着持っていくから」

「あれ触るとちくちくして嫌だ」

「着たら全然違うし。三浦ちゃんそういうところ敏感」

「全然違いますー」

「寝ているうちに勝手に着替えさせちゃおうかな」

「下なにも付けないんだから余計無理」

「あぁ、そういう心配なのね」

「ちょっと待って。それどういうこと」


確かこんな話、先週もしたような気がする。そう意識しなければ、何度だっていいのかもしれない。



d0159231_27586.jpg


利理の優しさは、他の誰でもなく、わたしのみに向けられている。同様に私も、利理に向けて優しさを向け。この感情には、いつか終わりが来るだろう。今までがそうであったように。一瞬すら消えない笑顔の隙間。それがただ、愛しいだけだ。



同じ位置、同じ視線、同じような時間に合わせ、二人は必ずキスをする。そうやって、一日は幕を閉じる。
スポンサーサイト

Category: 小説 「幕があく」

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロフィール

ゴブリン

Author:ゴブリン
ブログをはじめ早4年
たまにマニアックな記事を書くこともありますw

興味のあるもの
 ・ウルトラマン、ゴジラ、ガメラ等の怪獣特撮全般
 ・検索してはいけない言葉
 ・世界観のある音楽(galileo galilei等)
 ・旅 (主に建造物や景色がいい場所に足を運ぶ)
 ・小説 (将来は作家希望だったり?)
 ・クレヨンしんちゃん&ドラえもん
 ・ジャンプ連載作品
 ・演劇 (高校では演劇部所属)

まだ乏しい身ですが、応援のほどよろしくお願いします
  

ツイッターやってます。フォローよろしくお願いします

https://twitter.com/goburingikon

カテゴリ

おしゃべりtime

フリー掲示板

jj

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
940位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
940位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

HTML

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

いえい

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。