FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Galileo Galileiの込めた詩

 【12//2016】

一夜が経ち、今なお余韻に浸っている最中

改めてGalileo Galileiの曲を聴いてますと、やはり歌詞が素晴らしい

どこか後ろめたさがある、孤独を帯びたものを、キャッチーに仕上げて歌う

青春時代、それらの言葉に励まされ、生きてきたんだよ

その世界観に、今宵だけでも浸っていたい・・・。






サークルゲーム

曖昧ことも単純なこともみんな色付いていく
言葉にならない このくすぶった気持ち抱きしめていたいよ

言葉にならないこのくすぶった
気持ちを抱きしめていたいよ
曖昧なことも単純なことも
みんな同じだって
僕らの歌 この胸の真ん中で 花を咲かせている




「劇場版あの日みた花の名前をぼくたちはまだ知らない」のエンディング曲
やはりあの花の世界を彩るのはGalileo Galileiしかいないと感じた瞬間でした
劇場で二度も泣いたのは初めてでした。いつまでもあの色の花を探しています。



四つ葉探しの旅人

希望を見つけられますように
行き先ナシの白い切符
窓から風に飛ばす


PVがとても可愛らしいんですよね
当時の方向性としては、間違ってはなかったんでしょうが今の姿からは想像できませんねw
岩井さんの女装姿は一見の価値ありです
希望は、探す方法はないけれど、どこか人生の端っこの方に案外転がっていて
その瞬間を楽しむために、人は旅をするんだと思います。



さよならフロンティア


さよならフロンティア 玩具の銃で悪ぶってる 今日も明日もずっと 呼ぶ声を騙してさ 箱に押し込めた明日を 僕らはどこかへ捨てて ハッピーフレンズ帰り道を忘れた

それでもなんだか楽しくて
頭も心もどうにかなって
そうやって僕はいつの間にか
笑えるようになっていくから




荒川アンダーザブリッジのED。劇中キャラのダンスがこれまた可愛くて
丁度この時期は中学生の多感な時期に生まれた曲でした
自分の性格上、受け入れない環境には笑顔は生まれないだ何だ生意気で
そういう細かい部分なんて気にせずに、もう壊れてしまえと
自分でなくなるまで壊れて、やっと自分に会えるような気がしたのです




夏空

諦めと決めつけで色褪せた時代を
目の覚めるような青い色で
塗りつぶすように地図を描く
消されても僕らは迷わない

僕らが不安の中で 道を選びぬけるなら 横道の途中で顔だして 何度でも君に会えるよ グッドラック 手描きの地図が 滲んで読めなくなっても 迷いのないこの気持ちが いつでも振り返る勇気くれる

綺麗事なしの約束 雲一つない空に放とう



今の、自分の年齢とそう違いない頃の歌詞だとは思えないほどの、完成度です
稚内から都会に飛び出した彼らの見ていた世界は、やはり色が違っていて
たったちっぽけな力でも、その色に染まらないでやろう、そう感じてしまいます。



青い栞

そうやって今は僕の方へ
押しつける陽射しの束
まだ二人はすぐそこにいるのに
「どうかまた会えますように」なんて
どうかしてるみたい



青春の記憶には、いつも青い栞がありました。
特別この曲には、忘れる事のない思い出がありますね
高校を卒業して、皆でカラオケに行ったとき
この曲をデュエットで歌ったんですよね。
また会えるって約束は、社会を知らないうちには軽い言葉に思って
それらがいつか断片的な部分に変わり果てようと
自分は青い栞と共に、いつまでも歌っていたいと思っています。
岡山のライブの際、この曲を聴いて涙が止まりませんでした。



管制塔

管制塔 僕らの飛ばした未来が 見えるでしょう 綺麗でしょう そいつを信じていたいんだ 管制塔 僕らの信じた未来が いつの日か 来るんでしょう それを待っているんだ


今から7年前、優勝した彼らの才能に惚れて
あぁこのまま輝かしいままに世間から受け入れられて、花咲かすんだろうなって
ただ、流行という世界に抗うまま、その永遠を体験できなかった
それが誰かの臨んだ未来なんかなんて今はどうだっていいんです
いっそこのバンドには、あらかじめ終着駅が用意されていたんだと思います







Galileo Galileiは、これら以外にも数々の曲を生み出しました

言葉を残してくれました

表現として、正しいのかわかりませんが、Galileo Galileiっていい匂いがするんです

落ち着く、綺麗な匂いにただ導かれただけなんです

それで人生が満たされたのだから、Galileo Galileiを好きになったことに後悔などない

やがて永遠に、少しずつを楽しみながら

彼らの生きた時代に、その匂いに飛びついた事を自慢してやる

誰かが見つけてくれるわけじゃない

きっとこれは特別な夢だったのかも、分かりません。






スポンサーサイト

Category: 思い出

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロフィール

ゴブリン

Author:ゴブリン
ブログをはじめ早4年
たまにマニアックな記事を書くこともありますw

興味のあるもの
 ・ウルトラマン、ゴジラ、ガメラ等の怪獣特撮全般
 ・検索してはいけない言葉
 ・世界観のある音楽(galileo galilei等)
 ・旅 (主に建造物や景色がいい場所に足を運ぶ)
 ・小説 (将来は作家希望だったり?)
 ・クレヨンしんちゃん&ドラえもん
 ・ジャンプ連載作品
 ・演劇 (高校では演劇部所属)

まだ乏しい身ですが、応援のほどよろしくお願いします
  

ツイッターやってます。フォローよろしくお願いします

https://twitter.com/goburingikon

カテゴリ

おしゃべりtime

フリー掲示板

jj

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
940位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
940位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

HTML

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

いえい

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。